FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肉離れの痛みがいやされました!



11月29日、第3礼拝に来ておられる村手姉が、「先週、肉離れで痛みがあり、コルセットをしなければならないくらいでしたが、第3礼拝で祈ってもらった後、痛みがまったくなくなりました」と報告されました。神様のいやしが現わされました。感謝します。



スポンサーサイト

 転移したガンがすべていやされた!




今年6月、貧血や身体の痛みなどがあり、総合病院で検査を受けました。
その結果、胃に原発ガン、さらに肝臓、リンパ節、脳にまで転移していることが分かり、ステージ4・末期ガンとの宣告を受けました。
血流を通して脳にまで転移があることから、全身にガン細胞が運ばれているので手術はできず、もう治らない(三ヶ月もって六ヶ月)とのことで、少しでも命を延ばすために抗ガン剤治療を受けることになりました。
また、脳のガンは進行が速いため最優先に治療しなければならず、ガンマナイフ装置のある病院で放射線照射手術を受けることになりました。

聖書には「すべての事について感謝しなさい」とあり、「神を愛する人々、すなわち、神のご計画に従って召された人々のためには、神がすべてのことを働かせて益としてくださる」とあります。ですから末期ガンになったことを感謝し、このことの背後に神のすばらしい計画があり、このことが必ず益に変えられます! と毎日告白しつつ、治療に臨みました。
また、教会、祈りのミッションなど群れ全体でとりなし祈っていただきました。

7月16日に脳の放射線照射手術を受け、新たに見つかった一個を含め、二個のガンを治療していただきました。続く抗ガン剤治療が8月10日から始まりましたが、抗ガン剤の副作用の一切から守ってくださり、吐き気、食欲不振、下痢、発熱、しびれなど何一つ副作用が発現せず、また胃ガン末期の痛みもなく、先生や看護師さんもびっくりされるほど順調に3クールを終えることができました。また、ガンになってからも毎日曜日には礼拝に集うことができ、聖さんの恵みに預かり、礼拝後にはみなさんに祈っていただくことができました。
また、神のことばを求める中で「わたしはあなたをいやす。三日目には、あなたは主の宮に上る」と聖書からみことばが与えられました。このことばを握って、信仰の告白をし始めてからは、日に日に元気になっていくのがわかりました。

放射線照射を受けて三ヶ月、抗ガン剤治療3クールが終了した10月、経過観察のため画像検査が行われました。その結果、肝臓、リンパ節、脳の転移ガンはすべて消滅。他の臓器にも新たな転移はないとのこと。抗ガン剤治療、放射線治療では小さくなることはあっても消えることはないから治らない、そう何度も言われました。けれども「わたしはあなたをいやす」と語られた神が、そのことばの通り、転移したガンをすべていやしてくださったのです。

また与えられたみことばには「三日目には、あなたは主の宮に上る」とありましたが、
果たしてその通りに、10月26日から11月7日の日程で遣わされたイスラエルチームに
参加させてくださり、すばらしい恵みに預かることができました。
残っている胃の原発ガンも「わたしはあなたをいやす」という神のことばによって
最善の時にいやされますから、その時を感謝しつつ待ち望んでいます。
神に信頼する者は決して失望させられることがありません。
神さまをほめたたえ心から感謝いたします。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。